*

市の卓球大会

2017/08/20 | プライベート, 卓球

今日は市の主催による、地区対抗の卓球大会が行われた。うちの地区は割と戦力にムラがあって、僕はかなり弱い方に入る。卓球教室に行っている成果もあって少しずつ技術は身に付きつつあるのだけど、試合になるとレシーブミスを頻発し、あっさり負けてしまうのだ。試合経験の不足もあるだろうし、単純に技術の習得が浅いのだ。試合は全部ダブルスで行い、僕は二回試合の機会があったけれど、両方負けてしまった。相手が強かったので

続きを見る

連係プレイ

作業所でデータのインポート作業をしたのだけど、アップロードしてみると件数が数十件足りなかった。どういうことかと思い問題を検証したところ、別のものでも名前が被っていると誤作動を起こすことがわかった。名前を微妙に書き換えることで対処できるが、検証してみるとソフトの意外な癖がわかって面白いものである。問題の検証の大部分は佃さんがやってくださって実に頼もしい限りだった。 夜飯はシシャモを焼いて食べた

続きを見る

外疲れ

今日は喫茶店に行って、原稿用紙に手書きで文章を書いてみた。すると家で書くより非常に疲れるのがわかった。というか、普通に外で書くのは疲れるのではないか。他者の目線を受けることで執筆は速くなっていたが、それは自分に無理を強いているのかもしれない。こんな細々したこと考えたくないけれど、実際に体で感じていることだった。一つ自分のことがわかったということで、今後は家で書いた方が良いのかもしれない。 リ

続きを見る

3月のライオン

2017/08/17 | ゲーム, 世間話, 小説

録画していた3月のライオンのアニメを今日で全部観た。胸熱である。世話をしてくれる三姉妹とかぐれた義姉とか宿命のライバルとか不俱戴天の仇とか最強の天才とか滅茶苦茶いろんなキャラクター盛り込んでいるのに、混乱するどころか全キャラに引き込まれている僕がいる! しかもベースになっているのが将棋! 将棋ってこんなに面白い競技なのだなと感心してしまった。兄貴がはまるのもわかるけれど、僕はなかなか手がつけられな

続きを見る

手書きの魅力

2017/08/14 | プライベート, 小説

最近原稿用紙に手書きで文章を書いている。九年くらい前に当時の友人に誘われてシナリオ教室に三回だけ行ったことがあって、その時は手書きだと全然文章が浮かばなかった。結局ぐちゃぐちゃの作品を提出して映画監督にボロカスに酷評された末に調子を崩し、敗北感に打ちひしがれて自転車で帰っていった。だが改めて原稿用紙に向かってみると、当時より遥かに書けるのだ。 しかも良いこともあって、手書きの方がいくらか脳が疲れ

続きを見る

マインクラフト

2017/08/13 | ゲーム

家で読書をしていたら、3つ年上の先輩が里帰りしていて、ちょっと家に寄ってくれた。彼は任天堂スイッチを持参していて、あの「マインクラフト」で初めてマルチプレイを体験した。マインクラフトとは様々な素材を集めて自由に建物を建設していくゲームで、マップは果てしなく広く、物資も溢れんばかりに用意されている。つまりいくらでも遊べるわけだが、僕は小さな小屋に家具を揃える程度でプレイが止まっていた。一人でマイペー

続きを見る

上手く打てた

2017/08/12 | プライベート, 施設

作業所の開放日に通所。自分の作業をしていたけれど、麻雀のメンツが足りなさそうなので久々に参加してみることにした。といっても頭使い過ぎると疲れて駄目になるので、途中で抜けてもいいということで、もちろん賭けではない。 僕はそもそも麻雀が下手だったが、安牌と高めの手を心がけてみたらなんだか割と上手く打てた気がした。結局途中で疲れて東場も終わらぬうちに変わってもらったけれど、久々に打ってみると楽しかった

続きを見る

手書き

2017/08/11 | 呟き

以前からスケッチブックに手書きで物語を書いていたけれど、試しに原稿用紙で四枚ほどの文章を書いてみた。やってみると手書きは楽しい。キーボードで打つのとは別の力が入る気がする。 WEB拍手の返事。ドラッグカラーの空を読んでくださってありがとうございました! ご報告いただき励みになります。

続きを見る

敦盛

先日某中華レストランでつけ麺を頼んだところ「あつもり」が指定できると書いてあったので「厚盛り」と勘違いして頼んだら湯で熱くなった麺が出てきた。麺の熱いつけ麺なんぞ麺はふにゃふにゃになるし何も良いことがない。苦い体験をした。 今日は作業所の大掃除。所長と一緒にトラックに乗って溜まったゴミを捨てに行った。所長とは歳が近いせいか割と話が合う。ファンキーでフランクな人でもあるのであまり話題を気にせず

続きを見る

懐かし冒険

2017/08/08 | ゲーム, 呟き

魔法陣グルグル。最近新しくアニメがやっているので、漫画の方を一度しっかり読んでみた。当時5巻くらいまでは追っていたのだけど、当時子供だった僕は良さがわからず、途中で読むのを止めてしまったのだ。 しかし改めて読み直してみると、エニックス系の漫画やゲームにあった冒険のワクワク感が凄く込められていて、三十過ぎた僕でも胸が湧きたってくる。学生時代に勉強もせずに「ガイア幻想紀」みたいな冒険アクションRPG

続きを見る

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑