佐久本庸介ひらきこもり研究所

疲れ→休止

2019/07/15 | 報告

今日コメダに行ったら人が多すぎてとても座れそうにないので、スーパーで買い物して帰ってきた。コメダカード2000円分があるのだが、こんなに混んでいるようじゃ使いどころがない。 3連休だったのに、妙に心が疲れている。ここのところ日記もかなりやっつけで書いているし、自分の中のパワーがじり貧になっているのかもしれない。 しばらく日記を休みます。アビリンピックが始まる頃に、また戻ってきます。

続きを見る

漫画「ミステリアス」

連休最終日の朝っぱらからなにやってんだ……。家に居てもろくなことしなさそうだから、コメダに行こう。

続きを見る

あー頑張った

最近揚げ物を食い過ぎて体調が非常によろしくなかったので、今後は控えることにする。16穀米食べているのだから、おかずはそんなに摂らなくても栄養は足りているはず。特に無理して揚げ物を食べる必要はない……はず。いまいち自信を持てないのは、健康食の本はどれも違うことが書いてあるからだ。とりあえず毎日美味しく健康でいたい。 今日は家にひきこもってオリジナルのホームページを作っていた。あー頑張ったなあ!

続きを見る

毎回一冊

今日は図書館に行ってきた。5冊も6冊も借りてもどうせ読まないから、凄く読みたい本を毎回一冊だけ借りるようにすることにした。本棚やkindleにも未読の本があるくらいだから、読む本に困るってことはそうそうない。あとDVDも借りた。近場にレンタルDVD屋がないので、図書館のを使うことにした。しかし品ぞろえがイマイチなのは仕方がないね。 昼はやよい軒で鯖の定食を食べてきた。それなりの値段がするだけあっ

続きを見る

五等分の花嫁

五等分の花嫁、という漫画がある。冒頭でいきなり主人公とヒロインの結婚シーン。しかしヒロインは五つ子なので、五人の中の誰と結婚したのかわからない。そして主人公と五人の姉妹との出会いから物語が語られていく。考えたものだなあと思った。五等分の花嫁、というタイトル付けには常々感心してしまう。たった六文字に作品の独特さが込められていて、どんなものか読んでみたくなる。それで今日、試しにアニメの一話を観てみたの

続きを見る

蛸山さん飛ばし過ぎ!

2019/07/11 | 世間話, 小説, 読書

通勤中、選挙の広報車が「山梨のための政治をするのは蛸山春樹! 蛸山春樹ただ一人です! みなさん清き一票をよろしくお願いいたします!」みたいな感じで候補者のことを宣伝していた。山梨のための政治をするのが蛸山さんだけという根拠は何も語られず、起こるであろう結果だけを話して一票を入れてくれとのたまうわけだが、選挙ってずっとこんな感じだし、相変わらず同じ手法が使われているということは結構有効な宣伝方法なの

続きを見る

webライティング

昨日の日記を読んで気でもふれたかと心配されたかもしれませんが、職場で社長が買ってくれたwebライティングの本を読んで、少し試してみたのです。 最初にわかりやすいキャッチフレーズを入れて、その後に4つのみたいな数字を入れて、最後に方法とか秘訣とか効用とか記事を読むことで得られる結果を合わせて、 一番やさしい修行「読書」で得られる4つの効用みたいなキャッチコピーが完成したわけです。どうでしょう、い

続きを見る

一番やさしい修行「読書」で得られる4つの効用

2019/07/09 | 読書, 読書体験記事

大人になってから、本を読めばいいのはわかっているのに、なかなか時間がなくて手につかなかったりしますよね。 しかしだからといって読書をしないのは実にもったいない人生の損失です。 読書とは毎日の少しの余暇があればいつでもできる、この世で一番やさしい修業です。 今回は読書で得られる4つの効用について紹介してまいります。 1、頭の中が言葉で満ちる なにか書きたいときに適切な言

続きを見る

酸っぱい!

昨日酷い目に遭ったが今のところ腹を壊している感じはしない。それでだし入り味噌から味噌汁を作ってみたが、これまた酸っぱいのである! 俺はどうしちまったんだ? と困惑したが、だし入り味噌も一ヶ月くらいで使い切らないと痛むらしい。今までの負債が一気にのしかかってきたようで泣きたい気分だが、一通り捨てて新しいのを買うしかないか。しかし味噌汁やおかずを食べるのが怖くなりそうだなあ。

続きを見る

色々腐った

2019/07/08 | 呟き, 精神不安

夏の暑さで冷蔵庫のカレーと常温保存のインスタント味噌汁が腐りました。初めての体験だったため、判断がつかずいくらか腹に収めてしまっています。これからどんな惨事が起こるかと思うと気が暗くなりますが、何も起こらないかもしれません。なにか罰でも当たったような気分です。しかしながら加減がわからなかったわけだから、どのみちこうなる運命だったのでしょう。こういう時こそ、自分を強く持たねばならないと思います。

続きを見る

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑