*

「夫婦の死に方」

公開日: : 小説

 食卓は味噌の香りが充満していた。床はほうとうの汁で濡れている。全部こぼしたのは俺、犯人俺、でも原因は妻。毎度のように残飯のような料理を食わされてうんざりしている。特に今回のほうとうはぐでぐでの麺と汁のコラボが俺の堪忍袋の尾を破裂させた。
「なにするのよ」妻は自分が作ったものを無下に扱われてヒステリーを起こしている。はっ、これで頑張ったとでも言いたいのだろうか。
「お前の料理には愛がない」
 俺は数年間溜め込んでいたことを言ってやった。愛のない料理は不味い。俺が女だったらもっと美味いものを作る。
とにかくもう限界だ。愛のない結婚、愛のない営み、愛のない介護、愛のない死。俺は人生を誤ったのだろう。こんな女に引っかかってしまうなんて。
 次の日妻から離婚の話を切り出された。これは丁度良い、子供も居ないことだし、しばらく実家にでも帰って後々のことを考えることにしよう。ああ愛のない生活からようやく解放される。覆水盆に返らずというが、あのほうとうを御椀に戻すような無駄は絶対にしたくないな。

関連記事

no image

自作小説「黄金時代」短編

『黄金時代』  美しい女性と目があうと、僕はいつもあらぬ方向に目を向けてしまう。  目をそらさなけれ

記事を読む

no image

微妙な察し

僕は家だと腑抜けるので外で執筆をすることは繰り返しブログで書いておりますが、外で書くにしても集中しや

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑