*

歴史小説の切なさ

公開日: : 呟き

今、水滸伝を読んでいるのですが、相変わらず猛々しい気分に駆り立てられます。
ただ三国志の時もそうだったのですが、歴史小説にはどうしてもある種の切なさを覚えます。
それは僕が歴史オタクだったため、大抵の結末を知っているということです。
三国志は勝利者不在のまま終結することも知ってるし、
水滸伝だってそもそもその後の中国が女真族に征服されることを知っているので、
決してハッピーエンドにはならないだろうと、愛すべきキャラクターたちが
叶わぬ志と共に死んでいくのが予想できるからです。
逆に安心して読めたのは耶律楚材でしょうか。晩年は不遇とはいえ、
モンゴル帝国は更なる拡張を進めていくわけで。
何も知らないで三国志や水滸伝を読んだらどうだったかな、とも思いますが、
まあそれはそれで先が続かないかもしれませんね。

関連記事

no image

雪降るのか……

どうもまた雪がどさっと降るらしい。そういうわけで今日は早く寝なければならない。 でも速読の勉強は欠か

記事を読む

no image

自分の世界と同世代

二十九歳になって二十代でいられるのもあと一年になりました。 多分三十になってからは多少、己に対する見

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑