*

いくつものエピソード

公開日: : 呟き

水滸伝が面白い。北方謙三の歴史小説は基本的に群像劇で、いくつものエピソードが連なって
成り立っている。
そのエピソードはどれもそれだけで一つの小説が書けてしまうくらい良くできていて面白い。
父を殺された士官が父が世話をしている男と邂逅し、義兄弟になって二人で反乱軍の旗を揚げてしまう……
シンプルなひねり具合が絶妙で、このままこいつらの活躍を観たい、と思ったところで別のエピソードが
出てくる。
ちょっとこの辺りは見習いたいなあ。とりあえず水滸伝、残り九巻全部読もう。これが終わっても続きの楊令伝があるわけで、北方謙三は本当にすごい。

関連記事

no image

逝夏

父が亡くなったのは去年の八月。もう一年経ったのですね。 父が元気だったころ、僕は病気がまだ不安定で、

記事を読む

no image

来年やりたいことをなるべくしつこく書いてみる

今日は一時間残業して仕事をしたけれど、結局たまった仕事を消化しきれていない。 これを考えると暗くなる

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑