*

由良 弥生 ・作 身の毛もよだつ世界「残酷」昔ばなし

公開日: : 書評記事

身の毛もよだつ世界「残酷」昔ばなし。
みんな死んじゃう話とかがいきなり出てきて、これは残酷だなーと思ってると、
だんだんユーモラスな話が増えてきて拍子抜けしてしまう。これはこれで面白いのですが。
一つ一つ解説するときりがないので、一つだけ興味深い内容の話を。
これは単純に言えば、うだつのあがらない青年のサクセスストーリーです。
背景には封建時代のヨーロッパにおける格差がありまして、この辺りに残酷な要因が絡んできます。
サクセスストーリーの何が残酷かというと、主人公の青年が王様の弱みを握り、
王女を犯して、王妃に自分のクソを食わせ、王様とロバをセックスさせるという、とんでもない話なのです。
権力者に対する不満を具現化したとも言えますが、よくよく考えれば不満と異常性癖の関連に必然性がない。
作者は余程欲求不満だったのではないかと思ってしまい、なかなか面白いところです。
意外と読後感の良い作品もありますので、興味がありましたらご一読ください。

関連記事

no image

書評「海猫ツリーハウス」

 僕が読んだ中でお勧めの本を書評記事として紹介させていただきます。  今回紹介させていただくのは、木

記事を読む

no image

「武士と世間」を読んだ

武士と世間という本を読んだ。 武士は戦場で華々しくすることを本願とし、主君に殉じて死ぬのも誉れとされ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑