*

聖なる無知

公開日: : 呟き

この前mixi日記で妙に気になった記事があった。「目の前で轢かれて倒れている犬が居たら病院連れてってやれや人間なら」といった内容である。
正しいことかもしれないけれど、押しつけがましいとも思った。保健所では日々野良犬野良猫が殺されているわけで、近くに居る犬だけを助ける道理もない。彼にはそれが見えていない。
でも目の前の命を助けられる人ってのはかっこいいとも思う。428というゲームの亜智というキャラクターがそれを地で行っている。ニートをしながらゴミ拾いをし、命の危険が迫った女の子を徹底的に助け続ける。ちょっと出来過ぎだけど、新しいヒーロー像を見せられた気がした。
多分僕の考えはかなり稚拙で、若いころから本を読んでいる人にはとっくに気付いている命題なのだと思う。
そんでもって命を助けるってのはかなり大変なことで、例えば足の折れたハトを助けるにしても、自分で飼うわけにはいかないから何処にあるか知ろうともしなかった鳥獣センターとかを探し出して保護してもらう。これだけでも半日潰れる労力で、多少の覚悟がないとできないことだと僕は思う。
要は人に自分の善を押し付けていはいけないんじゃないかなあということです。日記程度なら可愛いものだけど、世論にまでなっちゃうと人を潰しかねないから。

関連記事

no image

根性教の教え

なんかツイッターでスランプの原因は栄養の偏りと睡眠不足みたいなことが書かれたツイートがあったけれど、

記事を読む

no image

五分刈り

全然駄目だと思ってはいるけれど、同時に気負いすぎな自分が居るみたいで、ちょっとガス抜きしないといけな

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑