*

秋のロケット

公開日: : 大会

映画「遠い空のむこうに」を流しながら勉強している。
ロケットに青春を賭けた高校生たちの物語だが、父と子をテーマにした作品でもある。
ふと気付いた。僕の親父はこの作品に出てくる親父みたいになりたかったのではないかと。頑固で一徹な、そういう親父に。
実際親父はそう振舞っていた。しかし僕は生きている間にぶつかっていくことすらできなかった気がする。
それだってもうコミュニケーションすらとれなくなって六年である。六年前の僕にそんなことできたはずがない。だから後悔したって仕方ないではないか。
それでも何かに急き立てられる。
答えなんて安易に出すべきじゃないよな、可能ならば色んなところで保留にしていきたい、結果があればそれが答えで良いと思う。

関連記事

no image

ジュンク堂へ

ジュンク堂まで行ってきた。さすが書籍が充実していて、PHPの棚にも三十冊くらい関連本が置いてあった。

記事を読む

no image

とりあえず

昨日の日記は下げました。残しておいても問題ないのかもしれませんが、心に引っかかるやつは下げた方が気持

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑