*

終わりなき不在、感想

公開日: : 一角

佐川恭一・作「終わりなき不在」を随分前に読みました。
作家になれるなれないじゃなくて、本当になったら幸せになれるのか、という問いかけがあると思いました。
序盤の展開は作家志望には大いに共感するところがありますが、キャラが型にはまり過ぎている気がしました。ただその浅さが作品のテーマを語るのには役に立っているのかもしれません。ただこの時点では作品を読む喜びは感じられませんでした。
後半の展開ははっちゃけてて、とても面白かったです。ネジの飛んだ女の子が凄く良く書けていてすごいと思いました。
あんまり難しいところまでわからないのですが、自分なりに感想を書いてみました。今後も頑張ってください。

関連記事

no image

執筆再開

今日久々に小説を書いてみた。日記で毎日文章書いているから、そう感覚は変わっていない。元々日記がベース

記事を読む

no image

第六回文芸一角賞

http://ikkaku.main.jp/index.htm 今回から文芸サークル一角のホームペ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑