*

ささやかな栄光

公開日: : プライベート

県立図書館n
今日は通院の日。バイクで平和通りを走る。
やけに車が多いと感じたが、どうもB級グルメの祭りをやっていたらしい、だがそちらに行く気はなかった。何しろ最近食い過ぎで体重が増加傾向にあるのだ。そんなところにいったら拍車がかかってしまう。
病院で一分足らずの診察を受けて薬をもらいに行くと、久しぶりに見る顔があった。AさんとKさん。昔、病院対抗の卓球大会で優勝した時のメンバーだった。ちょうど最近大会があったのだ。
「Kさん大会はどうだったんです?」
「負けた負けた。予選で負けたよ」
「あら予選で負けちゃったんですか」
「勝てない相手じゃなかったけど、組み合わせでなあ」
僕はリハビリの時期に、結構真剣に卓球大会に取り組んでいた。それで優勝できたのは、ささやかな成功体験だった。昔から成功するということに慣れていなかったので、小さな誇りになっていた。
今でも何かに勝ちたいって気持ちは強い。その闘争心が行き着く先はどこだろう。
病院帰りには新しくできた県立図書館に行ってきた。
できたての綺麗な建物の中はデザインに優れた近未来的な図書館だった。
交流スペースや多目的ホールなんかもあって、いろんな用途に使えそうだ。
とりあえずカードを作った。カードを作るだけでも並ばねばならないほどの盛況だった。すごい建物ができたものだ。市立図書館より遠いのが難点だが、いつかあの辺に引っ越せたら素晴らしいなあと思う。

関連記事

no image

フルーツグラノーラ

朝食はフルーツグラノーラを食べているのだけど、カルビー、日清、イオンの三種を主に選んでいる。カルビー

記事を読む

no image

母娘

今日は朝から図書館に行くと、お世話になっている女性と偶然お会いできた。娘さんも一緒で忙しそうだったの

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑