*

偏頭痛に苦しむ

公開日: : 仕事

今日は死ぬかと思うくらい具合が悪くなって、自力で帰れなかったから母に迎えに来てもらった。
一度具合が悪くなったら、あとは休んだとしても、元の精神には戻れない。だましだましやっていたけれど、今日は本当にきつかった。頭が痛くて仕方がなかった。
何かを考えるだけで負担がますようだった。何も考えないでいようとしても、人間常に何かを知覚している。歩いている時には人とぶつからない距離を知らず知らずのうちに計算するように、何も考えないで生きるなんてありえない。そして考える量に比例して頭は締め付けられる。
ただ六時間働きに行くだけで、何故ここまで苦しまねばならないのか。こんな病気もう嫌だ。

関連記事

no image

いよいよ本番

季節的にこれからが仕事の本番というわけです。明日からは滅茶苦茶忙しくなり、具合が悪くなることも増える

記事を読む

no image

空回り

今日は仕事が一つなくなってしまい、少しだけラフを作っていたのが空回りしてしまった。 結局アイデアはお

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑