*

友情について

公開日: : エッセイ

 友情というのはとても語りにくいし、語ったところで安っぽくなる気もするけれど、一つ書いてみようと思います。
 不動の友情を築いたと思い込んでいたら、一回の出来事で消えてなくなってしまうこともあります。僕はそれを思い出しては嫌な気分になり、しかも何年経っても引きずるから非常にタチが悪いです。
 しかしここで「良い奴だと思ってたのに!」とか考えてはいけません。そういう台詞を吐く人は大抵嫌な人です。しかも日記にそのことを書いて相手に見せつけたりしたら最悪です。僕はそういうことをしかねないと、己を戒めているし、やられたことは何度もあります。
 自分ではこの上なく大事に思っていても、相手にとって厄介な存在になってしまったらそれで終わりですよね。
 僕の持論だと、喧嘩しても仲直りできるのが結果として不動の友情になるのではないかと思います――
 まあ本当のところ僕なんぞはもっと嫌われないように言動を考えないといけないのですけどね……。

関連記事

no image

連載中

このサイトで昔書いた精神病コラムを改稿して投稿しています。 http://i.crunchers.j

記事を読む

no image

容姿の話

 僕は平凡な顔をしているが、他人の評価は歳をとるごとに、めまぐるしく変わっていった。  まず中学生の

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑