*

機械いじり

公開日: : 仕事

今日は職場で機械いじりをする機会があった。詳しくはいえないが、大変楽しい作業だった。ソフトウェアもだけど、ハードウェアも詳しくなりたいものだ。
半日くらいずっと作業してたので、大分疲れた。具合が悪くならなかっただけ儲けものである。
家に帰ってからは速読を休んで布団で寝てた。その後「アメリカ人と日本人」という本を読んだ。アメリカが六十年代に入り如何にすさんでいったか。資本主義が利己主義へと向かい、社会はどうなったかが書かれている。この本が書かれた時点では八十年代だったため、日本は割と安全圏にいるような印象を受けたけれど、今の日本も離婚問題に関してはアメリカを笑えないし、色々遅ればせながら荒んでいくのかもしれない。
日本人は働きすぎというけれど、過去の欧米諸国も勤勉に働いたから豊かになったんでしょ、と皮肉を込めて書かれている。こうしてみると色々勝手なこと言われてたんだね。
あ、でもそういえばサムスンの社員って滅茶苦茶働いているみたいだけど、豊かになっていく過程なのだろうかなあ。やや不気味にすら感じるのは、欧米諸国がみた日本と同じことなのかもしれない。

関連記事

no image

頭が回る!

今日は昨日と比べて調子がよかった。頭がよく回って、仕事中に関係のないアイデアが浮かぶほどだった。不健

記事を読む

no image

目指すところ

へなちょこにはへなちょこなりの生き方がある、と思う。ここで言うへなちょことは、ネガティブな意味ではな

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑