*

かわった花見

公開日: : プライベート

母が突然花見に行きたいといいだした。
花見といっても、公園を車で回るだけである。三十分とかからないだろう。
うちの母親は問題は多々起こすが、自分の楽しみを主張することは珍しい。
あまりに些細なことだったので、付き合うことにした。
四月のはじめだが、風やら雨で大分桜が散っている。それでも五分くらいは残っていた。
それなりに楽しんでもらえたのだろうか。

関連記事

no image

予想の斜め上

作業所の休み時間ふとアメリカ大統領選の開票速報をみていたら、トランプがずっと優勢なのをみて石黒さんと

記事を読む

no image

ネットの繋がり

ここ数か月で一度に三人くらいの小説仲間と立て続けに関係が途絶えた。それぞれネットで知り合った人で、

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑