*

同じ病院

公開日: : 呟き

今日は母と一緒に祖母の見舞いに行ってきた。
父が最期まで入院していたところと同じ病院である。
歳だから仕方ない、と思うしかない。
酸素吸入機をつけた祖母は最早意識があるかどうかすらわからなかった。
苦しいのだろう、そうに違いない。それでも今日明日に解放されるわけには
いかないはずだ。
外はいい天気だということを話した。一週間雨は降らないということも話した。
色々なことがあった。あまりいいことばかりではなかった。全て無に回収されるのだろうか。
午後はパソコンボランティアに参加した。
本格的にWEBの勉強をはじめたので、なるべく見聞を広めたいと思っている。
PC事業の大先生と話す機会もあって、色々と核心をついたご指摘をいただいた。
聴覚に障害を持つ利用者さんに、筆談でパソコンを教えたりもした。
できれば死ぬまでパソコンを使っていられたらいいと思う。
パソコンボランティアに参加している人たちは生き生きとしている。

関連記事

no image

スイーツ

支援センターで作業をしていたところ、利用者たちがスイーツを専門店まで買いに行くというので、お金を出し

記事を読む

no image

ぐだぐだと

六時間労働は僕にとって背伸びしてやっと届くレベルの仕事でした。 辞めなきゃよかったのにといわれること

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑