*

二万文字

公開日: : 小説

今日は速読の勉強をした。
「はがない」みたいな内容が軽い小説ならば一分間に三七ページ、大体二万文字くらい
読んでしまう。しかし理解力より目が先に行っている感はある。
それでもある程度の理解はある。
速読を勉強すること自体は直接教養を深めるものではないので、
だんだん意識が遠のいてしまうが、この効果には驚きを隠せない。
あと一三回。いい加減クリアしないとなあ。

関連記事

no image

パルムの僧院を読む2

前日に引き続きパルムの僧院下巻を読む。昔じゃ一日経っても読み終えないような読みにくい本だったけれど、

記事を読む

no image

良い具合

執筆も書き上げるだけなら大詰めを迎えています。書き切っても先があることは重々承知していますが、ひとま

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑