*

不器用なやり方

公開日: : 呟き

僕は一日に色々なことをやろうとするけれど、結局うまくいかないか、どれかに集中します。
つまりそんなに器用にはなれないんですなあ僕は。
仕事、勉強、教習所、読書、執筆。全部やろうたって無理です。
速読があればそれもやりやすくなると思ったけれど、やっぱり読書のために同じ分だけ体力を使ってしまいます。つまり休む時間が多くなる。
自分が何を今度やりたいかを考えると、一番集中するべきはPC事業の仕事であり、それにつながる勉強だと思います。アビリンピック優勝という大志があったのを忘れかけていました。
読書はペースを落として、執筆はちょっと考え中。
器用になんでもできるようになりたかったけれど、まあしょうがないですよね。

関連記事

no image

ぐだぐだと

六時間労働は僕にとって背伸びしてやっと届くレベルの仕事でした。 辞めなきゃよかったのにといわれること

記事を読む

no image

ガンガル

自分より何歳も年下の悩める若者をみて、少しくらいは堂々としていないとなあという気にさせられた。人間い

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑