*

坂の上の雲二巻

公開日: : 書評記事

今日はサイゼリヤで三時間粘って、坂の上の雲二巻を一冊読みました。
秋山真之は要点だけを抜き取る才能があり、読書も概ね速読だったようです。
一冊の本の中で一、二ページ覚えているところがあれば良い方だったと書いてありました。
軍人だからこそそういう性質は大変生きて、後の日本海海戦での勝利を得たわけですが、
正岡子規が日清戦争に従軍していたことは知らなかったです。わずか一か月のことだったようですが、その無理がたたって病気を大変悪くしています。
なんか当時の人たちのまっすぐさが書かれていて、今ほど無駄に悩んだりしないんだなあと感じました。というか書かれていました。明治って日本史の中でもすごく面白い時代だなあと思いました。
帰ってからはその勢いで小説を書きました。二千四百文字書きました。一角オフまでに完成させられるといいなと思っております。

関連記事

no image

佐藤友哉・作「水没ピアノ」

 今回紹介させていただく本は、佐藤友哉・作「水没ピアノ」です。  フリーターとして何の夢も持たず、メ

記事を読む

no image

「武士と世間」を読んだ

武士と世間という本を読んだ。 武士は戦場で華々しくすることを本願とし、主君に殉じて死ぬのも誉れとされ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑