*

未知の作品

公開日: : 小説

今日も作業所。作業の方は大分効率よく、いつもより2割増しくらい能率が上がった。休み明けは調子がいい。
家に帰ってからはしばらく休んでバーミヤンに行った。チャーハンが50円値上がりしていて少し不満だったが、店の人は増量し味も美味しくなりましたとプラス面を強調していた。執筆の方は結構進んだ。
家に帰ってからは疲れて二時間ほど寝てしまった。その後に新潮文庫のカミュ「異邦人」を読んでみたが、これは大変なものだ。あまりの凄さに食い入るように読んでしまい、読み終わった後は脳が広がっていくような感覚を覚えた。未知の作品は山ほどあるので、今後も読書を続けていこうと思う。新潮文庫は字が読みやすいので今後も好んで買っていきたい。

関連記事

no image

アルジャーノン

僕が小説を書き始めたきっかけは「アルジャーノンに花束を」を読んだことなのですが、その本に出会った場所

記事を読む

no image

ドラッグカラーの空発売前

明日僕の二冊目の本「ドラッグカラーの空」が発売します。もしかしたら書店によっては今日既に置かれている

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑