*

西湖の樹氷

公開日: : プライベート

樹氷
絵の教室の帰りに、兄と牟月洸太君、ODA君を合わせた四人で西湖の樹氷まつりに行ってきた。
最初のうちは四人で盛り上がっていたけれど、山道はカーブが激しいので途中からみんな無言になる。西湖に近づくと雪も残っていて、気温も相当に低くなっていた。
西湖に着くと、十数個の樹氷がライトアップされていた。実のところ僕は兄に誘われたものの、樹氷がどんなものかイメージしきれていなかったので、余計その美しさに驚いた。樹氷に水が常時かけられているのも面白かった。気温が低いからかけた水は凍るのだろうか。
赤くライトアップされた「赤富士」という樹氷もあったけれど、他のに比べて出来がイマイチだった。どうしても歪な凸凹になるので富士山を表現するのは向いていない気がする。
一通り見たので食事処に入ってメニューを観ると、カレーがあったので注文することにした。
そしたら幼い女の子が店主のお母さんと一緒に注文にやってきて「注文どしますか!」と一生懸命接客をしてくれて大変和まされた。牟月君と一緒に「かわいいなあ!」と感心していた。
山で食べるカレーは美味いと聞きつつ、レトルトがきたらやだなーと思っていた。そして食べてみると、ちょっと甘口寄りだけど大変おいしいのである。これを食べるためにもう一度西湖に来てもいい、と思えるくらい良いものだった。
近場だったけれどちょっとした小旅行気分を味わえてよかった。樹氷は今月末まで展示されるとのことである。

関連記事

no image

ブラッドオレンジ

今日は十年来の付き合いのケースワーカーさんと話してきた。かなり溜め込むタイプなので、事情を知っている

記事を読む

no image

秀でているもの

何かに秀でているものなど何もなくて、あったとしても中途半端でろくに身も立てられぬ。 それでもPC事業

記事を読む

PREV
一新
NEXT
スシロー
  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑