*

スシロー

公開日: : プライベート

小説で一つヤマを越えたので自分へのご褒美としてスシローに一人で行ってきた。
最近美味くなったと聞いていたので、人気が出て回転率が上がったからネタがよくなったのかなと気になっていたのだ。
で、食べてきたのだけど、100円回転すしの中では確かに抜けているのではないかと思う。マグロがちゃんと美味しいってのはポイントが高い。
その後は本屋に入っていろいろ見て回った。買うとキリがないので買わなかったけれど、本のあるところをまわっていると楽しい。これがジュンク堂だったら勢いで一冊くらいは買っているかもしれない。
絶海にあらずという藤原純友が主人公の作品の下巻を読み始めた。北方先生の作品を読んでいると、本に込められた魂が腹の底までじわじわと染み渡るようだ。強い生き方に憧れてしまう。

関連記事

no image

ラボの仲間

今日は月曜だけど祭日で図書館が開いているので、ポメラを持って執筆しに行った。すると見覚えのある顔をみ

記事を読む

no image

削り歯

親知らずが大きくなりすぎてほっぺたの肉を噛んでいたので少し削ってもらった。これを放置していると物凄い

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑