*

アメリカンスナイパーを見に行った

公開日: : 映画

アメリカンスナイパーという映画をクリント・イーストウッドが監督をやっていると聞いて観に行った。作品を総なめしているわけではないのだけど、チェンジリングという映画がすごく良かったので、きっと面白いだろうという期待があった。
詳しくは書かないけれど、凄く良かった。熾烈で、悲惨な戦争ドラマを描くことで、最後の十分間が輝かしいものになったと思う。視野の狭い人間を描いてこそ、その人に気づきがあったとき深みが出ると感じた。

関連記事

no image

映画「山の郵便配達」をみた(ネタバレ注意)

久々に映画館に行って「山の郵便配達」という映画を観た。郵便配達の職の後を継いだ、経験の浅い息子の初仕

記事を読む

no image

反動らしい反動

今日は病院に行ってきた。今まで僕は陰性症状は薬の副作用によるものだと思っていたけれど、そうとは限らず

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑