*

ボーイズ・オン・ザ・ランについて(完全にネタバレ注意)

公開日: : 映画

ボーイズ・オン・ザ・ランという映画を観たことを何件か前の記事で書いたけれど、実際のところ良い映画である。面白いと書かなかったものの、それは自分の過去と似たものをみせられるという意味で非常に痛めつけられたからだ。なにか物事に出会ったとき、適切な対応どころか最悪の行動をして最悪の結果をもたらしてしまう主人公のことが僕はとてもよくわかる。
なぜなら自分の積み上げてきた過去がそういうものだからだ。新たにプラスの方向に積み上げていくのは大変なことである。
物語では終始、今に至る自分を引きずりながら彼は戦い、そして作品のタイトル通りに走りはじめる。結末は完全にバッドエンドなのに、一方で希望に満ちているではないか。
何日か考えたけれど、僕はこの映画好きになれそうである。でももう二度と観たくない。

関連記事

no image

三度目の正直 チャイナタウン

三度目の正直でチャイナタウンを全部観た。脚本術の本に筋書きがほとんど書いてあったから流れもオチも知っ

記事を読む

no image

PC事業総会/笑の大学

今日はPC事業の総会に行ってきた。僕は色々な施設や団体のお世話になっているけれど、PC事業はもう九年

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑