*

日本の歴史

公開日: : 小説

講談社の日本の歴史シリーズを読んでいるけれど、内容が濃すぎて全てに理解が及ばない。ただ一冊読めば確実に今まで知らなかった知識が身につくので、わからないところがわかっていないのは残念なことだけど、確実に理解できた事柄があるということをプラスに考えるべきだろうか。全二十五巻、二月から読み始めてようやく七冊目を読み始めたところである。
作業所の方は体験利用者の方にフォトショップを教えたり、データ入力をしたりと短い時間の中でもそれなりに働いている。必ずしもやりたいことばかりができているわけではないが、フォトショップなんかは教えてみると自分の中で曖昧だった知識がわかってくるので面白いと思う。

関連記事

no image

とりあえず書き上げ

多分同一の読者様へのWEB拍手の返信。誤解はしていないけれど勢いでああいう文章を書きました……失礼。

記事を読む

no image

アルジャーノンに花束を

最近「アルジャーノンに花束を」のなにが良いと思うのかと質問を受けたことがあった。で、僕は意外と上手く

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑