*

アルジャーノン

公開日: : 小説

僕が小説を書き始めたきっかけは「アルジャーノンに花束を」を読んだことなのですが、その本に出会った場所はデイケアの隣にあった支援センターでした。その本を自分の手元に置いておけたらな……と思い、今日なんらかの方法で譲ってもらえないかと支援センターまで交渉に行ったのですが、連絡のとれない方に貸し出ししたままになっていました。
記念の本がないのは残念でしたが、無理にこだわる必要もないので、書店に行って新装版を買いました。久しぶりに読んでみようかと思います。

関連記事

no image

自画自賛

青春ロボットを読み直してみた。出版してから一年を過ぎたからだろうか、不思議なことに自分が書いた作品と

記事を読む

no image

Kindle活用

今日は正午から図書館で執筆。5800文字くらい書く。他に予定がなかったので結構集中して作業ができたと

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑