*

アルジャーノンに花束を

公開日: : 小説

最近「アルジャーノンに花束を」のなにが良いと思うのかと質問を受けたことがあった。で、僕は意外と上手く答えることができなかった。なにせ読んだのが九年前というのもあったけれど、小説を書くきっかけになった本の魅力を上手く説明できなかったのは悔しかった。そして先ほど新装版を改めて読み終えたけれど、やっぱりこの本は自分にとって特別な意味を持っていると再確認した。僕が思うに、この本は徹頭徹尾読者にとって身近な話なのだ。そうさせる力があると確信する。僕が自分の障害と重ね合わせたのだって必然だった。最も感動できる作品と若かりし頃に出会えて幸せだったと思う。

関連記事

no image

2017年の反省 そしてよいお年を!

皆さまこんばんは。大晦日ですね。色々ありましたが、なんとか穏やかな気分で年を越せそうな感じで

記事を読む

no image

自作小説「夜を照らす魂」原稿用紙16枚分

 尾鳥先生が男と居酒屋に入っていった。かれこれ一時間、ずっと尾行している。ここは駅前の商店街だ。今に

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑