*

図書館日

公開日: : プライベート

今日は図書館に行って読書席を借りると「リヴァプールの空」という本を読んだ。第二次世界大戦時のイギリスでカナダに疎開した少年少女の話。かなり緩やかに話は進むのだけど、クライマックスはシビアな展開だった。意外と緩やかさってのは戦争を書くコツなんじゃないかと思ってしまう。それと僕は少年時代の話が時代かまわず好きらしい。自分であまりそういうのを書かないのだけど、誰もが深く体験していることだから意外と書けるのかもしれない。
時間があったので二冊目に挑戦してみたけれど、数十ページ読んだところで不調のサインが出て帰宅。といっても一冊読み切れるようになっただけでも既に回復は進んでいる。それからは精神の疲労でろくなことができなかったのだけど、欲張らないことも大事なのだろう。

関連記事

no image

子どもの貧困についてのイベントに行ってきた

長時間車を運転したせいで、帰ってからろくになにもできなかった。布団に潜ってテレビをつけて、録画したド

記事を読む

no image

文房具調達

ちょっと出先で必要な文房具があったので、スマホで近場の文房具店を探して行ってみたところ、店の明かりは

記事を読む

PREV
築地へ
NEXT
  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑