*

ファ田さん退所

公開日: : 仕事

僕の体調を気にかけてくださる方がいらっしゃいますが、お気遣いありがとうございます。その体調についてですが、12年前とは雲泥の差くらいよくなっております。ごくたまに変わった幻聴は聞こえますが、軽く受け流せる程度の物です。自分に合った薬を当時の主治医がみつけてくださったので助かりました。このまま体調を大きく崩さず社会で暮らしていければと願うばかりです。
今日は施設を退所するファ田さんという方が挨拶に来ました。結構体格が良かったのですが、随分会っていない間に別人のように痩せ、顔が引き締まっていたので驚きました。パソコンに強い頼りになる存在だったのですが、やはり治療が優先ということで残念ながらお別れということになってしまいました。ただいずれにしろ今後も病院とは関わり続けるわけで、意外と顔を合わせる機会はあるかもしれません。

関連記事

no image

筆談

聴覚障害の利用者と筆談をしてみた。彼女はあまり手書きで話すのは好きでないらしく、どちらかというとパソ

記事を読む

no image

仕事と自由

ここのところ大きい仕事をしているので、なかなか趣味に時間をまわせない。 在宅ワーカーは定時がない自由

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑