*

雨の日は鬱になる

公開日: : 読書

朝から雨が降っていて一日中鬱だった。外に出て本を読もうと思ったけれど外出する気力がなく、犬の散歩以外は外に出なかった。その代わり一日中本を読んでいた。読みにくい本だったので本当に一日がかりだった。
昔だったら布団に何時間も包まっていたと思う。ひたすらなにかが貯まるのを待って、二十代の貴重な時間を浪費していた。
今日はある障害についての本を読んだのだけど、その中でちょっとハッとさせられる言葉があった。20万冊の蔵書がある図書館と5万冊しか蔵書のない図書館でも、前者がろくに整理もされていない20万冊だったら、よく整理された5万冊の図書館の方が使いやすい。それは人生における経験も同じではないか、みたいなことが書かれていたのだ。
だからといってすぐになにを変えるわけでもないのだけど、この本を読むのに一日使って良かったと思った。

関連記事

no image

フリーメイソン?

今日は病院に用があって行った。隣の席に座っていた人がMP3プレイヤーを使っていたが、酷く音が漏れてい

記事を読む

no image

ナイルに死す

今日は一日アガサ・クリスティーの「ナイルに死す」を読んでいた。非の打ち所のない物語ってこういうのをい

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑