*

荒野を行く

公開日: : 読書

今日は甲府中心街の施設であの北方謙三先生をお迎えする読書交流イベントに参加しにいった。自分の身分を明かそうかどうか迷っていたが、周りが書店員の方だったり文学賞受賞者の方だったりして自分からどんどん明かしてしまった。皆さんそれぞれ文学に繋がるような立派な仕事に就かれていた。話す内容も本に関わるバラエティに富んだものばかりで、物凄い刺激を受けた。北方謙三先生はどんどん話をしてくださって、僕も気になっていたことをいくつも質問させていただいた。内容に関しては日記で明かすようなものではない。ただ目の前が開けてくるような感覚に酔った。その先には荒野があった。最後には一緒に写真まで撮らせていただいて、これは一生の宝物である。

関連記事

no image

確認は二度取ろう

朝に許可を取ったのでデータをアップロードしたのだけど、もう一度確認した方がいいかな? と思いつつ、今

記事を読む

no image

原生林の追撃

今日はデズモンド・バグリィの「原生林の追撃」を読んだ。記憶喪失物で、いくつもの謎や激しい展開に夢中に

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑