*

六時間

公開日: : 小説

世の作家は多分もっと頑張っていると思うのですが、僕は集中して執筆できる時間の限度が大体六時間です。それ以上を超すと明らかな不調がみえてくるので、諦めて家に帰ります。
家に帰った後もなにかしらしたいのですが、ぶっ続けで作業した負担が来るせいか一~二時間くらいは布団で固まってしまいます。その後も疲れはとれないので、しばしば休んでしまいます。
ただこの生活リズムはなかなか合っていると思っていて、もう少し薬が減って体のパフォーマンスがよくなればもっと快適になるのではないかと期待しております。

関連記事

no image

つかれた

ずっと自分の文章読んでいました。疲れました……。 なんだかエネルギーが足りない気がしたのでスー

記事を読む

no image

児童書を読む

小説を書くのに必要だったのである児童書シリーズを図書館でどかっと五冊借りていた。一冊は去年読んだのだ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑