*

歴史の勉強

公開日: : 読書

今日は戦国時代の社会に関しての本を読んでみた。戦国は江戸に比べると大分史料に乏しいと聞いていたのだけど、この本に書いてあるところによると、有名な織田家が民をどう統治していたかとか、全然残っていないらしい。ただ関東に勢力のあった北条家に限っては相当残っているようで、ほとんど北条家周辺に関する記述ばかりだった。これだけわかっているのならば物語にしたらさぞかし緻密な展開が描けるだろうけれど、周りの武将に比べてイマイチ人気が低いのが北条家の人たちであった。
とはいえ世には戦国小説は数多とあるわけで、史料のない箇所はどのように補っているのか気になるところである。

関連記事

no image

ハルムスの門を叩いてみる

ロシアの作家にハルムスという人がいるのだけど、「シャルダムサーカス」という彼の著作を買って読んでみた

記事を読む

no image

悪魔の辞典

今日は朝から「悪魔の辞典」という本を読んだ。最初は「冷笑家用語集」として発表されたものらしく、その名

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑