*

ナイルに死す

公開日: : 読書

今日は一日アガサ・クリスティーの「ナイルに死す」を読んでいた。非の打ち所のない物語ってこういうのをいうんじゃないかと思う。人間描写も深く、謎が謎を呼び、皮肉が効いた結末。一日楽しかった。「オリエント急行の殺人」とかも傑作らしいので読んでみたい。

これから雪が降るそうだけど、明日施設に行けるか心配である。やっぱり雪かきかなあ。

関連記事

no image

「君たちはどう生きるか」を読んだ

君たちはどう生きるか。宮崎駿が映画化すると聞いた時は、凄くストレートな題名だなあと感想を持ったもので

記事を読む

no image

「いのち」と帝国日本を読む

昨日結構遅くまで起きていたので、今日はゆっくり寝ていたかったのだけどリクが朝から延々と吠えていて辛か

記事を読む

PREV
銀英伝
NEXT
雪かき
  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑