*

エンターテインメントに触れまくる

公開日: : 呟き

今日観た映画はあまりにつまらなくて眠ってしまいそうだったけれど、つまらない物なりに観る価値はあると思うのでしっかり目を開けていた。なにがつまらなかったか。シーンを追っていても一体彼らがなにをやっているかよくわからなかった。ストーリーの流れはなんとかわかるのだけど、単純な脚本を物凄い物として魅せようと頑張っているように見受けられた。あまり他人の作品を批判すると自分にブーメランとして戻ってくるに違いないけれど、これもまたいい勉強になった。

一方でさっき観た真田丸の面白さというのはなんなのだろう。ちょっとした歴史オタクなので戦国武将のプロフィールは結構知っているけれど、一話ごとに登場人物の新しい発見に驚かされて惹かれる次第である。前々から三谷幸喜の作品は面白いなあと思っていたけれど、さらに見る目が変わってしまった。毎週日曜日が楽しみで仕方がない。

関連記事

no image

不器用なやり方

僕は一日に色々なことをやろうとするけれど、結局うまくいかないか、どれかに集中します。 つまりそんなに

記事を読む

no image

草刈り日

今日は文学フリマの日。行くか行くまいか迷っていたけれど、結局行けなかった。家族の都合のつく日を考える

記事を読む

PREV
餃子作り
NEXT
願い
  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑