*

こどもの日

公開日: : 読書

連休最後の日、外で読書と執筆をした。バベル九朔という万城目学の本を読み終えたのだけど、情報が多くなかなか頭に内容が入ってこなかった。読者を驚かせる力が凄いのだけど、最後までなにがなんだかわからない難しい小説だった。万城目先生の作品はどれも好きだし、いい加減な書き方はしない方だと思うので、多分この訳わからなさには作者なりの意味を込めたのだと思う。しかし僕にはそれを読み解く力がまだないらしい。

執筆の方もした。新作というより、持っているアイデアを試しに小説にしているという感じだ。3000文字近く書くとそれなりに読める気がするが、世に出せる作品とは思えない。ハードルを上げ過ぎるとよくないけれど、いろいろ試してわかることもあるので、まずは書くことをやってみることにする。

関連記事

no image

十七歳の硫黄島

今日は十七歳の硫黄島という新書を読んだ。著者は身体の一部を失いながらも、奇跡的に生還した少年兵で、絶

記事を読む

no image

銀英伝

今日は施設でjqueryという物を使ってイメージマップを作ってみた。画像内の指定した範囲内にリンクを

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑