*

夜を乗り越える

公開日: : 読書

人生に必要なのは悟りではなく迷い。その一文にハッとさせられました。僕は又吉氏のことは良い印象を持っていまして「夜を乗り越える」という新書を購入して読みました。この本は本を読む意味、楽しみが沢山書かれていて。その楽しみというのもいろんなことに反発したりわけわからなかったり落ちぶれたりしてきた中である一文がリンクしたとか、読書に対する核心を突いたものになっている――気がします。読書じゃなくても物事は今まで生きてきた自分が反映されるものですが、読書は深度が桁違いです。本作にも読書で感じることはそのときの自分の能力次第、みたいなことが書かれていて、やはり読書とは自分と向き合う物なのだなあと感じたものです。これは安易な考えかもしれませんが、悟りなど開いてしまったら読書なんてものは面白くなくなってしまうのではないかと思っております

自分など人にはこの病気は焦らずなどと勧めるくせに自分では現状をなんとかしなければ!!!!(; ゚Д゚) などと思いっきり焦っていて、要はいっていることとやっていることが違うのです。これほどに迷っているのだからやはり自分は本を読むべきだなあとつくづく思います。この本を読んで改めて読みたくなりました。

関連記事

no image

ハルムスの世界いいなあ

アビリンピックの競技である表計算の勉強を少しずつしている。今までほとんど勉強していなかったけれど、や

記事を読む

no image

積読増え

今まであまり積読を作ってきませんでしたが、最近は本やkindle本を買い過ぎて時間と体力が追いつきま

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑