*

線引き

公開日: : 精神病

支援センターでキーボードを叩いていたら、利用者の方に声をかけられたので少しお話しさせていただいた。その際に自分の病気について色々話したのだけど、話し終わってからちょっとベラベラしゃべり過ぎたのではないかと後悔した。しんどい経験もあったし、それを抱えてきた年数も短くはなかったけれど、なにより自分の中で収拾がついていないようなことまで安易に語ってしまった自分が解せなかった。

しかし一回、口にしてみないとわからないことがある、とも思う。だから話したことが悪かったとも言い難い。話しても良いことと、話すとしんどいことの線引きをちょっとずつしていけたらいいかもしれない。

関連記事

no image

気長に

今日は病院。以前作業所に通っていた多田さんと再会した。当時体重100キロ超だった彼は別人のように痩せ

記事を読む

no image

外疲れ

今日は喫茶店に行って、原稿用紙に手書きで文章を書いてみた。すると家で書くより非常に疲れるのがわかった

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑