*

非常に単調な一日

公開日: : 小説

今日も支援センター。非常に単調な一日で、延々と文章のチェックをしていただけです。これはとても重要なことなのでしっかりやりますが、毎回1、2個は不味い場所がみつかるのでやめられません。

本当はルドルフとイッパイアッテナを観にいきたいのですが、ちょっと忙しいです。でもどこかで観ておかないとそろそろ終わってしまうかもしれませんね。

あとは……昨日犬の散歩をしていたらどことなく寂しそうに一人で歩いている小学生の女の子がいたので、自分の過去を思い返し、なんとなく心配になって二回くらい目を向けたのですが、どうも怪しい人だと思われたらしくすれ違いざまにダダダダダーッと逃げていきました。ゲッソリ。30過ぎたおっさんが妙な仕草をするとろくなことがありませんね。というか目を向けただけで怪しいと思われるのだから何かしら持っているものが人と違うのでしょうねえ。

関連記事

no image

自作小説「黄金時代」短編

『黄金時代』  美しい女性と目があうと、僕はいつもあらぬ方向に目を向けてしまう。  目をそらさなけれ

記事を読む

no image

手ほどき

今日は作業所で川桐さんからデザインの手ほどきを受けた。僕は以前デザインの教本を何冊か読んでいたのでな

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑