*

ゲーテ格言集をなくした

公開日: : 読書

先日インドカレー屋にゲーテ格言集を置き忘れてしまったことに気づき、慌てて携帯で電話をした。しかし出てきたのが店員のインド人だったので僕の言っていることが理解できず、次に出てきた人も「ハロー?」と声をかけてきてやはり会話が成立しない。どうやら僕が日本人かどうかもわからなかったらしい。何度も読んでボロボロになっている本だけど、それだけに愛着があった。昼は日本人の店員もいるので、明日もう一度食べにいって聞いてみるつもりだが、それで見つからなかったら朗月堂あたりで買い直そうと思う。

関連記事

no image

心配である

僕が二十歳の時にやっていたブログの頃からの、最初期からの読者の方がいらっしゃるのだけど、未だにお世話

記事を読む

no image

東京島

今日は東京島という小説を読んだ。無人島の漂流者たちの話。男たちの中で中年女が一人だけという歪な関係性

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑