*

気長に

公開日: : 小説, 精神病

今日は病院。以前作業所に通っていた多田さんと再会した。当時体重100キロ超だった彼は別人のように痩せており、懐かし気に話をする一方で初めて会う人と話しているような違和感を覚えた。居てくださった当時はハードウェアに強くて頼りになる存在だったけれど、体調不良は如何ともし難い。

帰ってからは二時間くらい休み、その後支援センターへ。最近執筆スタイルをがらりと変えてみたけれど、明らかにペースは落ちている。というのも以前はプロットという地図があったので、一直線に向かっていけるところがあった。だけど逆に今の書き方の方が創作の楽しみを感じられているかもしれない。まあ気長にやろうと思う。

関連記事

no image

日常に戻り

診察は混むと聞かされていてビビっていたけれど、ほとんどガラガラですぐに呼ばれた。マイペースが崩れると

記事を読む

no image

かつての仲間

今日は病院。場所が遠いので往復して帰るだけでも結構な時間がかかる。正直しんどい。 いくらか休ん

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑