*

フリーメイソン?

公開日: : 精神病, 読書

今日は病院に用があって行った。隣の席に座っていた人がMP3プレイヤーを使っていたが、酷く音が漏れていて煩わしいので、遠くの席に移動せざるを得なかった。レストランの雑音は少しも気にならないが、至近距離での音漏れはきつい。

今日も鬱を引きずっていて夜までほとんど何もできなかったけれど、三国志を読み直すなどしたら少しずつ気分が回復して、積んでいたフリーメイソンについて書かれた新書を読んだ。フリーメイソンというのはヨーロッパ起源の秘密結社のことらしいのだけど、全世界、特にアメリカで特に大きな規模を占めている組織のようだ。最近まで存在自体を知らなかったのだけど、作業所の所長が話していたのを聞いて興味を持って本を買ってみたのである。

組織の格付けが親方、職人、徒弟の大きく三つに分かれていて、なんだかどこかの工房みたいである。宗教みたいに思えるけれど完全にそうではなく、会員同士が集まる交流会みたいな様相もあったりして、読んでいてあやふやな気分にさせられる。歴史上の有名人、例えばワシントン、ゲーテやモーツァルトなんかもフリーメイソンの会員だったとか。アメリカの歴代大統領も多数名を連ねていて、もしかしたらアメリカの歴史を動かしていたのはフリーメイソンではないのか? という問いかけがあって興味深かった。本当に入門的な本だけど、今後近代世界史に触れる際には気をつけてみてみる。

関連記事

no image

気長に

今日は病院。以前作業所に通っていた多田さんと再会した。当時体重100キロ超だった彼は別人のように痩せ

記事を読む

no image

通院調整

今日は遠くの病院に。往復二時間近くもかかるようではいい加減疲れるので、一か月に一回にしてもらうことに

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑