*

名刺印刷失敗

公開日: : プライベート, 小説, 施設

今日も作業所。データ作業班の藤山さんが風邪で倒れてしまっていくらか進行は足踏み。藤山さんにはお大事にしてほしいが、作業的には一息つけてちょうどいいくらいだった。今日はデータベースでもテキストエディタみたいに簡単に置換ができることを知った。多少の変更はこれで行けるか。

作業所が終わった後は支援センターで執筆。じわじわと書いていくスタイルに変えたため進みは遅いが、読み直してみると粗が少なくなったというか、以前よりすっきり読める。面白い、よな? と思って書き続けている。隣の部屋では音楽会が開かれていて、銘々楽器を弾き鳴らしたり合唱したりしていた。合唱なんてやりたい人たちがやるのを聴くのが一番心地いいなと感じた。

明日はディスカヴァー社のパーティに出席するため、必要な名刺を印刷したが、紙を無駄にした末に二枚しか印刷成功しなかった。残っている分で多分足りると思うけれど、プリンタのことは考えないといけないなあ。

関連記事

no image

プロットをいくつか作ろう

今日もプロット作成。プロットを作るにしても相当な体力と精神力を使うのだけど、作品を書きあげるのに比べ

記事を読む

no image

大人スキップが届く

眠りをコントロールできないのは皆さま共通の悩みのようで、ありがたいことに反響をいただけました。今日も

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑