*

ジョナサンにて

公開日: : グルメ, 世間話, 小説

今日は午前中に母を車で買い物に連れて行った後、ジョナサンにポメラを持って執筆を開始。長時間粘って書き続けた。執筆ペースとかは気にしないようにしている。

ジョナサンはすかいらーく系列店の中ではちょっと高い。今日何故ここを選んだかといえば久々に集中できる時間ができたので、士気を上げるつもりだった。ピザを頼んでみたが、窯焼きピザで食感が違うなと思った。僕はサイゼリヤのチープなピザが大好きなのだけど、ジョナサンはジョナサンで凄く良い。こういう高級店で財布を気にせず食べれるようになりたい、と兄に行ったら「そこより下ねえだろ」と笑われた。おやと思ったが、どうやら兄は同じすかいらーく系列のジョナサンとガストの差を知らなかったらしい。というか今後も気にしないのかもしれぬ。

真田丸最終回は最高だった。大河ドラマって歴史を沿うから、ある程度流れを知っていると、いや、たとえ知っていなくても期待してしまう展開みたいのがあるのだけど、真田丸は悉くいい意味で裏切り続けてくれた。裏切られてつまらないだったら最悪だけど、裏切られて面白いは傑作なのだなあ。

関連記事

no image

佃さんの活躍

行きつけのつけ麺屋はかなりレベル高いのではないかと思っているのですが、やはりそれなりに高くつくので、

記事を読む

no image

集中するべし

小説の直しの進みがいまいち悪いのですが、悪い中でも資料をみたり赤を入れたりと少しずつは進めています。

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑