*

消えない行い

公開日: : グルメ, プライベート, 小説, 読書

今日は母と初めてまともに犬の散歩をした。最近めっきり足が弱くなってしまったようなので、最後まで歩けるか心配だったけれど、案の定半分くらいで足首が痛いといっていた。しかしコースを廻って帰ってきた時、心配になって様子を聞いたら「治ってきた」といっていたので安心した。

それから支援センターに行った。ここのところ毎日来ているので相談員の長隈さんが苦笑していた。一日中書いていたが、適度に人がいて適度に自由なので非常に快適だった。このままこんな感じでいてくれたらいいのだが。

途中、人気のつけ麺屋まで昼飯を食べに行った。並んでいたし滅茶苦茶寒かった。立ちながら「裏切りの氷河」という本を読んでいたが、寒いという点で一致しているなと思った。氷河というほどではもちろんないが。

以前のペースには及びもつかないが、結構自分なりに書けたので満足して支援センターを後にした。途中デイケアに寄って昔の仲間と会った。懐かしい話をしたが、しっかり黒歴史を覚えていてウンザリゲンナリした。少しも思い出したくなかったので、ああ~と唸りながら帰途に就いた。ああ~行いという物は消えない物である。

関連記事

no image

何が得になるか

どう書けばしっくりくるかわからないが、僕はインターネットを見るときかなり飛ばし読みをしている。 それ

記事を読む

no image

バリバラのアフタートーク

今日は家に帰ってからすぐに寝てしまった。そして起きると眩暈がしてまともに作業ができなかった。どうも本

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑