*

手相

公開日: : プライベート, 施設, 読書

作業所に手相占いができるオバチャンが居たので、ちょっと見てもらった。凄く良いことをいわれたが「可哀想だけどお金には縁がないね」「晩婚だね、一回目の結婚は失敗するね」となかなか厳しいこともいわれた。まあ良いことを大事にして前向きに行こうと思う。

「整形した女は幸せになっているのか」をちょっとずつ読み進めている。日本人には目頭に蒙古ひだっていう「ひだ」があるのだけど、白人にはほとんどないらしい。蒙古ひだがあると目が小さくみえるので、美容整形では蒙古襞を切って目が大きく開くようにするとか。ちょこっとネットで調べて写真を見てみると、少しイメージが掴めた。まだ半分も読んでいないけれど、今のところポジティブな要素が多くみられる。一方で一回整形手術をすると二回目のハードルががくっと下がる、いくらいじってもどこかまずいところに目が行くようになる、と気になるポイントもあった。

整形はデメリットを受け入れられるのであればやれば良いと思っていたのだけど、僕個人としては積み重ねてきた倫理観やデメリットの数々を踏まえて、凄く怖い存在でもあった。ただ本を読んでみるとデメリットの少ない施術の存在や、当事者の体験談なんかも書いてあって色々なるほどなあと考えさせられる。自分に総じていえることだけど、知識がないと見識もスカスカな物になってしまうなと思った。

関連記事

no image

楽しい仕事と酔っ払い

今日はクリエイティブな仕事を回してもらって大変充実していた。今まで勉強してきたことを存分に活かせて心

記事を読む

no image

角煮まん

ファミリーマートで角煮まんという饅頭が販売されているのですが、 これが旨いのなんの、今まで食べたどん

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑