*

大人スキップが届く

公開日: : プライベート, 漫画, 読書

眠りをコントロールできないのは皆さま共通の悩みのようで、ありがたいことに反響をいただけました。今日も起きるのがかなり遅くて、一日が短くなってしまうなと思いつつ、図書館に行ってまいりました。既に本は借りているのですが、わざわざその本を持っていって読みにいく感じです。

休日の図書館は駐車場がギチギチで、運よく停められたものの危うく図書館難民になるところでした。読書席も埋まっていて、本棚の横についたあまりよくない椅子で読まねばなりませんでした。しかし読書自体は凄く集中できて、図書館はやはり心地いい場所です。家に戻る用事がなければ籠っていたいくらいですが。

大人スキップ、という漫画を買いました。ここのところ漫画はご無沙汰だったのですが、久々にアンテナが反応した感じです。14歳の女の子がふとした事故で意識を失い、目を覚ましたら40歳になっていたという衝撃的な出だしで始まりますが、心は少女で体は中年女性というまさに名探偵コナンの逆をいっている漫画なのです。主人公は強烈なコンプレックスを抱えながら大人になった人生を生きねばならず、非常に痛ましい一巻目でした。だけどそれがいい。僕も大人になりきれないで三十を過ぎてしまったところがあるので、読んでいて泣きそうになるくらい刺さるのですね。続きが読みたい! のでまたコミックビームは買わないとなと思います。

関連記事

no image

酒はいかんですね/墓参り

最近久々にビールを飲んだのですが、その夜四時まで寝られませんでした。 僕の分析ですが、おそらく前は薬

記事を読む

no image

歴史スキ

ちょっと遠くの図書館で日本の歴史シリーズを一冊ずつ読んでいたのですが、遠くの図書館だからなかなか行か

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑