*

アガサクリスティーに外れなし

公開日: : プライベート, 世間話, 小説

今日は母の確定申告を済ませ、その後市役所で他の手続きも済ませた。この時期滅茶苦茶混むから市役所も満車とボードが出されていたが、入れさせてもらえたのでなんとか駐車もできて無駄足にならずに済んだ。これで当面、面倒なことはなくなったと思う。それから図書館で結構遅くまで本を読んでいた。アガサクリスティーの本だったのだけど、どれを読んでも外れなしで毎回新鮮な驚きをいただいている。図書館には多分全作品はないと思うので、他の図書館をまわるか買う必要があるだろう。それも特に障害ではない。

うちのワンちゃんは最近まで結構な力で引っ張ってくるので、制御するのに力が必要だった。しかし最近衰えたのか、僕が普通に歩いていると彼の方が遅れるようになってきた。見た目は子供みたいなのに十二歳ともなればおじいさんになってしまったのだなあ。親父から引き継いだ犬だったけれど、親父も初めての犬だったから躾が上手くできていなくて、同様に経験のなかった僕は飼うのに相当苦労をした。それもちっとも上手くはできなくて、とにかく継続して世話を見続けた。今では友情というか親心みたいなものを持っていて、最後まで面倒をみてやるつもりだけど、多分今後それなりに大変なこともあるのだろうなあ。まあやるさね。なんだかんだでこの辺の人に愛されている犬なのだ。

WBC。今日はいい試合だった。打ちまくる試合よりは投手が要所を締める試合の方が好きかな。雰囲気の良いチームになっている感じは凄くする。

関連記事

壮行会にて、滑る

風が相当強いと聞いていたので、果たして朝から外出できるかなと思ったけれど、吹き飛ばされる程で

記事を読む

no image

ひえええ

勉強していたら疲れ果てて中途半端な時間に寝て起きてしまった……。 作業所の猫好きの方からドッグ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑