*

後半に加速

公開日: : プライベート, 呟き, 小説

今日はちょっと頑張りすぎました。といっても沢山書いたというだけで、後は寝ていただけです。沢山書けばその分、体は疲れて血も偏って、家に帰った後はとても他のことなんてできやしません。なので夕寝してしまいました。

それ以外になにがあったわけでもない一日でしたが、やっぱり筆のノリは後半に加速するようです。前半はまだ自分自身どういう小説なのかわかってないから手探りで、中盤辺りも大分苦しんで、思考を積み重ねた後半は一気に書き上げる。いつもこんな感じですね。

とはいえ、作品のことは不安です。面白いかどうかはともかくとして、本当にこの題材を書いていいのかと。なんていうか自分は体験に依存した作品を書く傾向があるので、かなりデリケートな部分に踏み込まないとならないところがありまして。誰かを傷つけないよう落としどころをみつけなければならないけれど、本音ではどうしても表現したいという思いがあって、複雑なのですね。最近作品のことよく書くし、評価されるかすらわからないのに捕らぬ狸の皮算用みたいなこといっているので、多少記事が浮ついているかなとも思うのですが、裏を返せば多少の自惚れがあるのかもしれません。

まあ、へし折れたらまた折れた先からやれば良いですわな。コウジュウという人がいっていました。

関連記事

no image

自作小説「黄金時代」短編

『黄金時代』  美しい女性と目があうと、僕はいつもあらぬ方向に目を向けてしまう。  目をそらさなけれ

記事を読む

no image

雪が降っている

今日は久々に友達と会って楽しい時間を過ごすことができた。その後は少し休んでPC事業のJ先生と打ち合わ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑