*

五分刈り

公開日: : 呟き

全然駄目だと思ってはいるけれど、同時に気負いすぎな自分が居るみたいで、ちょっとガス抜きしないといけないなと思って映画を観に行った。ブラック企業のことを題材にした作品で、絶望的な状況がリアリティあって、語られる希望との対比が良いなあと思って最後まで楽しめた。みんな疲れ切った目をしていたけれど、黒木華のイッちゃってる目が特によかった。
気負い過ぎってのは結構前に友達に言われて気づいたことなのだけど、その言葉が徐々に効いてきている感じがする。それで突然髪を五分刈りにしてみた。僕汗っかきだから髪の毛が崩れやすいので、一日のちょっとした合間で髪のことに気を取られている自分がいるのが煩わしかった。それでばっさり刈ってもらったら、大分気分が楽になった。見た目は旧日本兵っぽい感じ。楊令伝にもある物を切り落としたら楽になった男の話があるけれど、髪の毛切ったくらいで楽になれるなら安いものである。

関連記事

no image

不動産を眺める

たまーに一人暮らししたい欲求が向いてくると、ヤフー不動産とかで駅から5分くらいの物件を探してしまう。

記事を読む

no image

仕事大変

何が一番仕事で大変かって、仕事の内容が理解できないのに早急に仕事をやらねばならない時だ。精神的に追い

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑