*

外疲れ

公開日: : プライベート, 小説, 精神病

今日は喫茶店に行って、原稿用紙に手書きで文章を書いてみた。すると家で書くより非常に疲れるのがわかった。というか、普通に外で書くのは疲れるのではないか。他者の目線を受けることで執筆は速くなっていたが、それは自分に無理を強いているのかもしれない。こんな細々したこと考えたくないけれど、実際に体で感じていることだった。一つ自分のことがわかったということで、今後は家で書いた方が良いのかもしれない。

リクの散歩は近場の公園まで歩いて戻ってくるコースで妥協点を見つけた。帰るのをそんなに嫌がらないから、しばらくこれで行こうと思う。

関連記事

no image

振り替え日

コメントをいただきありがとうございます。絵もPC技術も中途半端になっておりますが、少しずつでも伸ばし

記事を読む

no image

十二年も福祉の世界で生きているとその世界での縁が広がっていきますが、最近デイケアで大変お世話になった

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑