*

和らぎ

公開日: : 小説

ここ数ヶ月煩っていたことが一気に和らぎつつある。結果に勝る良薬はないのかもしれない。結果が出るまでに別のことをやっていたのも良いことだった。同じことをやり続けていて感性が疲弊していたとしか思えない。時間を置いてみたら見える色が全く違うんだから。

全然完成していないけれど、今後はもうちょっと要領よく粘っていくつもりだ。

関連記事

no image

小説「高嶺の花」

 俺たちはあいつを見上げて生きてきた。  その見上げるとは、才能や実績のような抽象的なものではなく、

記事を読む

no image

似てる

この前のトラクターは大家のおじさんに教えてもらったが、今日車で通りかかったので感謝の言葉をお伝えした

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑